永く身に着けていく指輪|婚約指輪は手作りのものを贈る時代|愛情たっぷり
カップル

婚約指輪は手作りのものを贈る時代|愛情たっぷり

永く身に着けていく指輪

ハート

2つの指輪の違いとは

結婚が決まるとすることはたくさんあります。まず結婚式や新居の準備など忙しい日々が始まります。そんな中、準備するものの1つが結婚指輪です。婚約指輪と結婚指輪を混同して考えている人も少なくありません。婚約指輪は男女が結婚を約束した時に男性から女性へ贈られる指輪です。国内では「給料三ヶ月分」とよく言われるように高価な指輪を贈る風習がありますが、特に決まりはありません。贈る気持ちが大切です。結婚指輪は結婚後に夫婦となった2人がお揃いで身に着ける指輪です。お互い日常的に着けるものなので、主張の少ないシンプルなデザインのものが定番となっています。昨今では小さなダイヤモンドが入っているものが人気であり、指輪の内側に文字を刻印することも流行しています。

好みに合わせて素材選び

そんな結婚指輪ですが、かつてはプラチナのものが主流でした。プラチナは変形しにくく、加工もしやすいことから今も昔も結婚指輪の定番です。しかし昨今では好みや持っているアクセサリーに合わせて、ゴールドのものも選ばれるようになってきました。ゴールドはイエローゴールドやホワイトゴールド、ピンクゴールドと様々な種類がありそれぞれ雰囲気が変わります。 これら以外にも昨今では様々な素材で結婚指輪が作られています。例えば、金属アレルギーの方などはチタンのものを選びます。チタンはジュエリーとしての華やかな輝きはありませんが、変型や変質に強く軽いことが特徴です。結婚指輪は様々な素材、デザインのものが増えてきました。2人にぴったりのものを見つけましょう。